会話上手ってどんな人

会話上手な人と言っても、具体的にどのような人なのかイメージが湧くでしょうか。お見合いでは、短く限られた時間の中で、どれだけ相手のことを理解し、どれだけ相手に自分のことを分かってもらうかが非常に重要です。そのため、短時間であることばかりを意識しすぎて、自分のことばかりを話す人が沢山います。自分のことばかりを話すと押しつけがましい印象になってしまいます。そればかりか、また会って話したいという気持ちがなくなるので注意が必要です。

自分の話をするときは、相手が「なぜ?」や「もう少し具体的に聞きたいな」と思わせる程度にとどめます。そうすることで、相手からの質問を受けやすいので、スムーズに会話が続くでしょう。お見合いにおいての「会話上手」とは、基本的には相手の話を聞いてあげる聞き役を意識することでうまくいきやすくなります。

その際は、相手の話に疑問を持つように心がけましょう。疑問を持つというと、相手の話を信用していないかのように思われがちですがそうではありません。なぜ?いつ?など、相手の話を補足するような内容を聞いてみると良いでしょう。相手がもっと話したいなと思えるような環境に持って行く人こそが、会話上手だと言えます。